car_jikosya

「買い替えをしたいんだけど、いま乗ってるのは事故車なんだよな…店員にバレずに売れないかな?」と考えたことはありませんか?

「修復歴がバレたらマイナス査定だけど、見つからなかったら高価買取。プロと言っても人間だから見落とすこともあるのでは?」と思い、イチかバチかの賭けに出たくなる気持ちも分かります。

しかしそんな淡い期待をくだくようで申し訳ないのですが、結論から言いますとプロの目はごまかせないので、バレずに事故車を売るのは難しいと思った方が良いです。

それどころか黙って査定を受けてることがバレると、あとで買取り価格を下げられたり、信用できない客ということで買い取り拒否をされるケースもあるし、最悪は訴訟になることもあります。

事故車と隠さずに申告しよう

ポイント
  • 黙っていてもプロに事故車と見抜かれる
  • あとから買取り価格を下げられることがある
  • 信用のおけない客と思われると査定で不利になる
  • 事故車と聞かれたら正直にいった方が得になる

出張査定をするプロのスタッフも人間なので、修復歴を見落とす可能性が0とは言い切れません。

ただ仮に出張査定の段階で車の状態をごまかせたとしても、業者がクルマを引き取ったあとに再検査をします。この時に発見されるケースもあり、その場合は買取り額を一気に下げられることもあります。

ちなみに契約書に「引取り後に不備・不具合が見つかった場合は減額」と書いているお店が多いので、この場合あとから事故車とバレたら減額になる可能性が高いです。

これは相手の立場になって考えてみたら分かるのですが、事故車であることを隠して査定を受けるような人の言うことを信用できますか? 出来ないですよね?

クルマで事故をしたっていうと重大事件です。それを黙って査定を受けた場合、ほかにも隠しごとがあるんじゃないかと疑われてしまいます。

中古車買取り業者としても下手なリスクは取りたくないと言うのが本音です。世の中にはたくさんクルマがあるわけですから、信用できない人が売ろうとしてる怪しい車を買い取るくらいなら、買い取り拒否をした方が無難と考えるわけです。

もし後で問題があることが分かった場合、「お前はこんな不具合も見抜けないのか!」という感じで上司から怒られるわけです。

仮に私が中古車買取専門店で働く社員なら、事故車を隠すような人のクルマは買い取り拒否したくなりますね。

なので言わなければバレないだろうと言う甘い考えは捨てて、正直に申告をするようにしましょう。そうすることで信頼度も上がるので査定にも良い影響がでる可能性があります。買取り業者の人も我々と同じ人間ですので。

修理をした方が良いのか?

110047

少しでも事故車を高価買取りしてもらいたいと思うのが人情ですが、それでは査定前に修理をした方が良いのでしょうか? 結論から言いますと修理せず売った方が得をします。

なぜなら走行に支障が出るレベルの故障の場合、修理費用だけでかなり高くつきます。もし修理をして走行できるようになったとしても、修理費用を上回るだけのプラス査定になることはないので、それだったら修正せずに売却した方が良いです。

それではボディーの傷、へこみの場合はどうでしょうか? この場合も先ほどと同じで修理をせずに売却した方がお得になります。

なぜなら板金塗装屋に持って行くとちょっとした傷でも2万円以上かかりますが、傷を修復したころでプラス2万円の査定になることはないので、結果的に修理費用の方が高くつきます。

実際、私は自動車に乗り始めたころバック駐車が苦手で、お店の駐車場にある柱にぶつけたことがあります。

そして数年後、車を売る時、店員さんに傷のことを正直に言うと、「このくらいの傷ならすぐに治せるから大丈夫」と言われ、1円たりともマイナス査定にならなかったです。

あのとき事前に板金塗装屋に持って行き、修復してもらったら修理費用を損してましたし、査定の時に黙っていたら確実にバレるからマイナス査定になっていたでしょう。そう考えると正直に言って良かったと思いますね。

そもそも事故車なのか?

我々の感覚からするとちょっとした傷でもあれば事故車というイメージがありますが、先ほどの私の例のようにボディーの傷、へこみくらいなら修復歴車にはなりません。

jiko-teigi
参考:一般財団法人日本自動車査定協会

上の図の1~9番までのどれか一つでも修復、交換されれば事故車になります。

1.フレーム (サイドメンバー)
2.クロスメンバー
3.インサイドパネル
4.ピラー
5.ダッシュパネル
6.ルーフパネル
7.フロア
8.トランクフロア
9.ラジエータコアサポート

これ以外の箇所であれば修理をしても修復歴車にはならないので、先ほどの私の例のようにボディーの傷、へこみはセーフとなります。

また渋滞の停止中、後続車に追突されてリアバンパーは破損したけど、トランクは大丈夫だった場合もセーフですし、逆に自分が突っ込んでしまってフロントバンパー、ボンネットを破損・交換してもセーフになります。

なので我々の感覚だとちょっとしたことで事故車というイメージですが、実際はハデに壊れてるように見えても、1~9番の構造部が大丈夫ならセーフで事故車ではないと言うことになります。

もしあなたの乗ってるクルマが新車なら事故歴を把握してるでしょうが、中古車として買った場合、前のオーナーが事故をしてたかどうかは分かりません。その場合は自分では判断しようがないので気にせずに査定を受けましょう。

やっぱり事故車だったんですけど…

先ほどの解説を読んで「それならセーフだ!」と思った方もいるでしょうが、「やっぱりアウトか…」と思った方もいるでしょう。

事故車じゃないのであればマイナス査定もなく、ふつうに買取りしてもらえますので、なにも不安に思うことはありません。サクッと売却して次の車に買い替えましょう。

事故車確定という人もガックリすることはありません。ちょっとした修復で治る車なら買取りをしてもらえますし、廃車レベルにダメージを受けたクルマでも最近では買い取ってもらえます。

「売れるわけがない…」とあきらめて廃車にしてしまったり、ディーラーに無料で処分をしてもらうと言うのは非常にもったいないです。あきらめたら試合終了ですので、高価買取をしてもらえる中古車買い取り業者を探しましょう。

まとめ

事故車をバレずに売り抜けることが出来るのか? プロの査定士の目はあざむけるのか? と言うことについて解説したので、ココまでの話を再度まとめてみます。

ポイント
  • プロが見たら事故車かどうか分かる
  • バレると後から買取価格を減額されることがある
  • 修理をせずに売却した方がお得
  • 修復歴車だと思いきや、実は違うケースがある
  • 事故車でも高価買取してもらえる

素人から見ると判断できないくらいキレイに修理された事故車でも、プロの査定士は修復歴があることを見抜きます。なので質問されたら隠さずに素直に言った方が良いです。

ちなみに出張査定の時点で隠し通せても、業者が車を持ち帰ったあとに再度検査をします。後日、事故車だと分かった場合は買取価格を減額される可能性があるので注意が必要です。(契約書に記載があった場合はなおさら)

事故車を修理すれば高く売れそうな気がしますが、修理費用を考えると逆に損をすることが多いです。修復をしたとしてもさほどプラス査定にならないことがありますので、そのまま売った方がお得だし手間もかかりません。

ただ自分が事故車だと思ってるクルマが、実は違うと言うことがあります。ちょっとしたボディーの傷・へこみ、バンパー、ボンネットの破損ならセーフです。「事故をした=アウト」ではないと言うことですね。

とは言ってもバキバキにクラッシュして、間違いなく事故車って方もいると思います。

その場合「こんなクルマは売れないだろう…」とあきらめてしまい、廃車にしたり、無料で処分をしがちですが、高価買取をしてもらえる可能性がありので、粘り強く高額買取をしてもらえるお店を探しましょう。