car_coup8e

「ディーラーでAudiを下取りに出したら、査定が低すぎてショックを受けた」という経験をしたことはありませんか?

輸入車を何台も乗り換えてる人にとっては当たり前なんですが、外車というのは国産車に比べるとビックリするくらい下取り価格が安いです。なので初めて輸入車を手放す場合は驚くことが多いです。

そうは言っても新車の買い替えをひかえているアウディオーナーとしては、少しでも高く愛車を買取りしてもらいたいですよね?

そこで今回はアウディを中古車買取り相場以上に、高く売る方法について解説させていただきます。

なぜ輸入車の下取り価格は安いのか?

外車は乗ってる人が少ないので、走ってるのを見かけると「おっ! アウディだ!」となりますが、実際はそこまで流通してないんですよね。

2016年8月度のブランド別新車販売台数によりますと、アウディは1966台、フォルクスワーゲンは2908台販売されていますが、トヨタ自動車は11万270台、ホンダは4万2816台も売れています。

国産車に比べると外車は高い、燃費が悪い、故障が多いと言うのもありますが、ステータス感があるのでもっと売れてても良さそうですが、輸入車は日本車の10分の1以下しか売れてないのです。

ディーラーは外車があまり売れないことを知っているので、高値で下取りしても売りさばくことが出来ません。

すると損失が膨らむので下手するとマイナスになります。なので赤字にならないためにディーラーは査定額を安くせざるをえないわけです。

その点、中古車買取専門店は外国車を売却するための独自ルート、流通経路、ノウハウを持っているので、高値で買い取っても利益を出せるので、ディーラー下取りよりも高額買取できるわけです。

なぜ外国車は安く買い叩かれるかについて、もっと詳しく書いた記事がありますのでそちらも読んでくださいね♪

アウディは下取り査定額が安い

figure_graph_down

先ほど書いたとおり国産車に比べると外国車は需要が少ないので、ディーラー下取りに出しても査定額が低くなります。またメルセデスベンツ、BMWに比べるとアウディは値崩れが激しいです。

日本ではメルセデスベンツ、BMW、レクサス、フォルクスワーゲンが人気で知名度も高いです。その次にアウディ、ボルボと続きます。

Audiはプジョー、フィアット、ポルシェ、ジープなどに比べると人気ですが、それでも「欲しがる人が少ない=需要が低い」ので、購入したときの価格からは想像できないくらい査定額が下がります。

だからこそ、少しでも高く売却するために努力をしないと、大きく損をしてしまうんです。

これがトヨタ自動車のプリウスだったら人気車種になるので、ディーラー下取りでも高価買取をしてもらえます。

しかしアウディの場合はそうもいかないので、下取り査定をしてもらいつつ、中古車買取専門店で見積もりを取って、高いほうで売却するという知恵が必要になるんです。

下取りと買取価格

ディーラーの下取り査定額と中古車買取り店の買取価格はどのくらい差があるのでしょうか? 気になったので調べてみました。ちなみに引用元は楽天オートになります。

車種 買取店 年式 走行距離 下取提示額 買取価格
アウディTT カーチス H22年 7~75000km 150万円 172万円
アウディA6 ジーアフター H19年 11~12万km 35万円 10万円
アウディA4 ビッグモータ H24年 45000~5万km 225万円 185万円
アウディA3 ガリバー H27年 5000~1万km 280万円 260万円
アウディQ5 カーセブン H23年 45000~5万km 260万円 285万円
アウディS6 ガリバー H20年 6~65000km 125万円 60万円
アウディA4 カーリンク H19年 65000~7万km 91万円 50万円
アウディA1 JAC H24年 3~35000km 135万円 150万円

※2016年9月29日時点でのデータです

車種、買取り店、走行距離、年式にバラツキありますが、全体的にみたところディーラー下取りより中古車買取専門店が20万円前後高く売れるようです。

お店によっては40~60万円以上高い値段で買い取ってくれるところもあるので、下取りするよりもお得感があると言えます。

特に走行距離が増えたり、年式が古くなってくるとディーラーは査定額をガクッと減らす傾向があります。下手すると下取り額が0円と言うこともありますので、その場合は中古車買取専門店を利用するのが賢いです。

もしあなたが高年式、走行距離10万キロ超のアウディに乗ってるなら、ディーラー下取りよりも中古車買取り業者の方が高く買取ってもらえます。詳しくは前に書いた記事を読んでくださいね♪

お店によって買取価格に差が出る

car_minivan1

中古車買取り専門店と一口にいっても、国産車をメインで取り扱ってるお店もあれば、輸入車をメインで取り扱ってるところもあります。

どちらに買取りをしてもらった方がお得かと言いますと、すでにお気付きかもしれませんが、輸入車をメインで買取販売してるお店の方が高額査定をしてくれます。

なぜなら中古車買取専門店というのは我々から買い取ったクルマを、他のお客さんにより高い値段で売却することで利益を上げるビジネスだからです。

クルマを買い取っただけでは利益が出ないどころかマイナスになりますので、輸入車を販売するノウハウ・流通経路を持ってないお店は、買取りに消極的になったり、安く買い叩くことで万が一、売れなかったときのマイナスを減らそうとするんです。

しかし輸入車専門店のように外車を販売することにかけては天下一品というところもあり、そういうお店では販売するノウハウ・流通経路があるので、多少高く買取っても問題ないわけです。

なので我々としては国産車メインのお店よりも、輸入車に特化してるお店で売却した方が得になります。

また数は少なくなりますが、もしアウディの中古車販売に力を入れてるお店が見つかれば、さらに高く買取ってもらえるチャンスもあります。

複数のお店で競争させる

figure_goal_race

先ほどディーラー下取りより中古車買取り業者で売却した方が、高額査定してくれると書きましたが、お店によって輸入車を得意とするところもあれば、不得意とするところもあります。

運良く最初に見積もりをとったお店が外国車を得意としていて、高価買取をしてくれれば良いのですが、実際は1件目のお店よりも2件目、2件目のお店よりも3件目の方が査定額が高くなることがあります。

仮にA社が100万円、B社が120万円、C社が110万円だった場合、「B社が150万円で買い取ってくれるらしいから、そこで売ることに決めました」とA・C社に言うと、「ちょっと待ってください、それなら当社は130万円出します!」と言う感じで、買取価格をアップしてくれることがあります。

新車を購入する時にライバルメーカーの車で見積もりを取って、競合をさせて値引きを多くしてもらうという駆け引きをすることがありますよね?

それと同じで売却するときも複数のお店で見積もりを取れば、買取価格を釣り上げることができます。なので複数のお店で見積もりをるようにしましょう。

まとめ

アウディの中古車買取相場以上に高く売る方法について解説したので、ココまでの話をまとめます。

ポイント
  • 輸入車は国産車に比べると下取り価格が安い
  • 下取りより中古車専門店の方が高く買取りしてくれる
  • お店によって買取価格にバラツキがある
  • 複数のお店で見積もりをとるべし

輸入車は国産車に比べるとどうしても需要が少ないので、手放すときは安くなってしまいます。購入したときの価格を考えるとガックリきますが、こればかりは仕方ないと割り切るしかありません。

しかしそうは言っても出来る限り高く売りたいのが人情ですので、ディーラー下取りよりも高額買取りをしてくれる、中古車買取専門店を利用することをおススメします。

ただ一口に中古車買取業者といっても色々なお店がありますので、お店によって買取価格にはバラツキがあります。

ふつうに考えると大手の方が高額査定をしてくれると思うでしょうが、外国車の場合はお店によって得意・不得意があるので、大手だからと言って高く買取ってくれるとは限りません。

なので複数のお店で見積もりをとって比較をすべきですし、競争原理が働くのでさらに買取価格が上がることがあります。

中古車一括査定サイトが便利

computer_search_kensaku01

ただ自宅周辺にある中古車買取専門店を探すのも大変ですし、どのお店がアウディを高価買取してるのかも分かりませんよね?

よほど車に詳しい人ならまだしもちょっとかじってるくらいだと、どのお店が輸入車買取りに強いのか、どのお店がアウディの中古車販売に力を入れてるのか分からないので、まずはそこから調べないといけません。

車の買い替えを控えたクソ忙しい中、アウディの中古車を高く買取ってくれるお店を探し回るのは大変ですよね?

そこで便利なのが中古車一括査定サイトです。ネットで入力するだけで、簡単に家の近くにある中古車買取り専門店が表示されますし、愛車の相場も分かるのでとっても便利です。

人間、慣れれないモノを使うのは不安なので「買取価格が高くなるのは分かるんだけど、使ったことがないから心配…」という気持ちは分かります。

しかしちょっと勇気を出せば下取りよりも20万円以上、お店によっては60万円以上の高額査定もありえますので、このままスルーするのはもったいないないのではないでしょうか?

今まで通りディーラーで売却するのもアリですが、少しでも愛車を買い取ってもらうために、出来る限りの努力をしましょうね。