car_convertible

クルマを買い替えることを決めて、色々と考えた末に次に買う車種も決まった、その後にするのが愛車の売却です。

自動車を売却するとなると手続きが面倒くさいイメージがあると思いますが、ネットオークションでの個人売買するならまだしも、ディーラーの下取りor中古車買取り業者で売却するなら頭を悩ませる必要はありません。

なぜならお店の人があなたに代わって手続きを代行してくれるので、必要書類をそろえるだけでカンタンに自動車を売れるからです。そこで今回は車を売る際の手続き、必要書類について解説します。

車を売る時の流れと手続き

それではまずは自動車を売る時の大まかな流れについて解説します。

study_check
1.どこで売るかを決める(中古車買取り業者orディーラー)
2.査定をしてもらう
3.必要書類を集めてお店の人に渡す(手続きはお店の人が代行)
4.口座に入金されていることを確認する

自動車を売る方法ですが大きくわけると3つあり、ディーラーの下取り、中古車買取り専門店で売る、ネットオークションで個人売買する方法があります。

新車を購入するディーラーで下取りをしてもらうのが、乗り換え手続きを考えると一番カンタンですが、中古車買取り業者に比べると安い価格になるケースがあり、最近では中古車買取り専門店で売る人が増えています。

ディーラーは新車を売るのが仕事なので、下取り後のクルマを高く売りさばく販売経路を多く持っていません、なので赤字を出さないために安い価格で下取りをされることがあります。

その点、中古車買取り専門店は買い取ったクルマの販売経路を多く持っているので、ディーラーより高く買い取っても利益が出るような仕組みになっています。なので愛車を高く売りたいなら中古車買取り業者がおすすめです。

最後にネットオークションでの個人売買ですが、本のように買った人に郵送して終わりではなく、自動車の名義変更・輸送・売却後のクレーム対応もする必要があります。

なのでトラブルによる精神的なストレスを考えるとネットオークションはおススメ出来ません。

車を売る時に必要な書類は?

syorui_morau_woman
売るお店が決まったら査定をしてもらい、金額に納得したら売却の手続きを進めていくだけです。

必要書類を集めてお店の人に渡せば、手続きは代行してくれるので簡単です。そして最後に愛車の売却価格が銀行口座に振り込まれてるかチェックしたら終わりです。

普通車の場合

それでは具体的にどんな書類が必要なのか解説します。まずは普通車です!

ポイント
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 振り込み口座
  • リサイクル券
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑登録証明書

車検書は常に車に備え付けてる必要があるためダッシュボードに入ってるはずです。また自賠責保険証も一緒にあることが多く、リサイクル券もお金を払った記憶はないでしょうが私の場合は一緒に保管されていました。

自動車納税証明書は毎年5月に払ってる税金のことで、郵便局・銀行などで振り込んだ後に、領収書みたいな感じで納税したことを証明する紙をくれます。私の場合は紛失しないように車のダッシュボードに入れて保管してます。

振込み口座は愛車を売却したお金をお店の人に振り込んでもらうための口座です。会社に給料を振り込んでもらってる銀行口座でも良いですし、郵便貯金の口座でもOKです。

印鑑はシャシハタはダメで、普通車の場合は認印もNG、ちゃんとした実印が必要になります。また3ヶ月以内に登録した印鑑証明書が必要になるので売却する前に市役所で登録して紙をもらいましょう。

軽自動車の場合

次は普通車の場合について解説します。ちょっと違う点があるので注意が必要です。

ポイント
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 振り込み口座
  • リサイクル券
  • 印鑑(認印可)

車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、振込み口座、リサイクル券は普通車・軽自動車ともに共通ですが、軽自動車は印鑑が認印で良いのに対して、普通車は実印+印鑑証明も必要になります。

ちなみに自動車検査証(車検証)と印鑑登録証明書の住所が違う場合は住民票が必要になり、結婚で名字が変わってる場合は戸籍謄本が必要になります。また住民票・戸籍謄本・印鑑証明は市役所に行けば発行してもらえます。

ほかにも中古車買取り専門店、ディーラー下取りの場合は委任状、譲渡証明書が必要ですが、この二つの書類はお店の方で用意してくれるケースが多いので、店員さんの言うとおりに記入すれば大丈夫ですよ。

最後に用意するとなお良い&プラス査定となるものとして整備手帳、取り扱い説明書、スペアキー、取り外した純正品があります。これらのモノもあるなら査定の時に店員さんに渡しましょう。

必要書類の紛失があった場合

document_syorui_fuutou
「探したけど書類が見つからない…」と言う方もいると思います。

基本的にはダッシュボードの中に車検証があり、自賠責保険、リサイクル券などの書類も一緒に入っているのですが、無くしてしまった場合は再発行してもらう必要があります。

ポイント
  • 車検証 陸運局
  • 自賠責保険証 保険会社
  • 自動車納税証明書 普通車は都道府県税事務所 軽自動車は市区役所
  • リサイクル券 自動車リサイクルシステムのサイトより印刷

ちなみに自動車納税証明書、リサイクル券の再発行のために車検証が必要なので、順番として車検書を一番先に再発行した方が良いです。

車検証(自動車検査証)

登録した陸運局で再発行してもらえます。必要な書類は身分証明書、申請書・手数料納付書(陸運局に置いてある)がいります。手続きには申請書類代が約100円、再発行手数料が300円かかります。

自賠責保険証

保険会社ですぐに無料で再発行してもらえます。申請時には、免許証など本人の確認ができるものが必要です。

ただ任意保険とは違う会社であることがありますので、どの保険会社か分からない場合は、愛車を購入したお店に効いてみましょう。

自動車納税証明書

普通車は管轄の都道府県税事務所で、軽自動車の場合は市区役所にて無料で再発行してもらえます。必要なモノは車検証、印鑑の二つになります。

自動車納税証明書は車検を受けるときに必要なのでちゃんと納税してると思いますが、滞納してる場合は再発行の時に納税する必要があります。

リサイクル券

紛失した場合は自動車リサイクルシステムのサイトで、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷するとリサイクル券の代替として使えます。

その際、車検証に書いてある車台番号、分類番号などが必要になります。車検証も一緒に紛失してる場合は先に車検証の再発行をしてから、リサイクル券に取りかかるようにしましょう。

まとめ

それではココまで話をまとめてみましょう。

ポイント
  • お店で売れば手続きは代行してもらえる
  • 車検証、自賠責保険証、自動車納税証明書、リサイクル券、振込み口座は必須
  • 必要書類が見つからなくても再発行してもらえる
  • 愛車を買ったお店に書類の再発行を頼むのもアリ

ネットオークションの場合は全部自分で手続きをする必要があり、トラブルが発生して精神的ストレスが溜まることがありますが、中古車買取り専門店で売却する場合は、お店の人が代行してくれるので楽チンです。

車検証、自賠責保険証、自動車納税証明書、リサイクル券、振込み口座は必須です。普通車の場合は実印+印鑑証明が必要ですが、軽自動車の場合は認印でOKです。

また必要書類を紛失してしまっていても大丈夫です、再発行することができますのでご安心を。自分でやるのがメンドクサイ場合、愛車を購入したお店の人にお願いすると、再発行手続きを代行してくれるケースがあります。

「車検証を紛失してしまったんですけど…」という感じで電話すれば、「だったら再発行手続きしてきますよ~」という感じで、言ってくれることがありますよ~

愛車を売る時の手続きというと難しいイメージあるでしょうが、車を買った時と同じでお店の人が代行してくれるのでカンタンです。サクッと売却して楽しいカーライフを送りましょう~