building_car_dealer

「10万キロ超えてるけど買い取ってもらえるかな…」こんな不安な気持ちを抱えていませんか?

自動車は走行距離が増えれば増えるほど、年式が古くなればなるほど中古車査定額は落ちていくのはご存知だと思います。

そうは言っても新しく車を買うなら少しでも値がついて欲しいですし、走行距離が多い愛車でも高額で売却できたらウレシイですよね? そこで今回は走行距離が10万キロ超の中古車を高額売却する方法について解説します。

なぜ走行距離10万キロ超の車は安く買い叩かれるの?

自動車は走行距離が10万キロを超えると不具合が出てきますし、部品交換もふえて車検費用も高くなりがちなので、多くのドライバーが買い替えを検討する目安となっています。

そうは言っても現在のクルマは昔と違って、メンテナンスをしっかりすれば10万キロ以上走ることは出来ます。実際、乗りつぶす派の中には20万キロを超えた車に乗っている猛者もいますので。

ただ逆に中古車を買う側の立場になってみると分かりますが、10万キロを超えたクルマと言うのは、なかなか手が出しにくいものです。

だって考えてみてください前のオーナーがどんな乗り方をしてたのかも分からないですし、走行距離が10万キロを超えてると不具合がありそうで怖いです。安いと思って購入したら買ってすぐ故障して、修理費用の方が高く可能性もありますので。

なので10万キロを超えた中古車は売れにくく、買い取る側のお店も顧客心理を知ってますので、ディーラーの下取りだと値段がつかない、廃車を勧められるケースもあります。

ディーラーの下取り額は安い?

ポイント
  • ディーラーの下取りだと乗り換え手続きが簡単
  • 下取りだと買取り価格が安くなりがち
  • 買取り専門店の方が高値がつくケースが多い

車を買い替える時、現在乗ってる愛車を売ることになりますが、大きくわけるとディーラーでの下取り、中古車販売店で売る方法があります。

新車を購入する場合、ディーラーで下取りをすれば手続きがカンタンで、乗り換えが楽と言うのがメリットとしてあります。ただそのぶん買取り価格が安いと言われています。

ディーラーは新車を販売するのが仕事なので、買い取り専門店のように下取りした後のクルマを売るための販売経路を多く持っていません。

ようするに買取り専門店に比べ、ディーラーは中古車を高く売りさばく販売経路が少ないので、下取り価格を下げないと損をするわけです。

まったく同じ車を買い取って中古車として売りさばいた場合、ディーラーは70万円でしか売れない所を、買い取り専門店は100万円で売るノウハウがあったとします。この場合は買い取り専門店は高く売れるぶん、高価買取しても利益がでると言うことになります。

ディーラーと中古車買取り店を比較してみた

hikaku_board_man
そうは言っても実際にどのくらい違うのか気になります。個人的な意見ですがディーラーの下取り、買取り専門店の査定額に2~3万円しか差がないなら、手続きの簡単さを考えてディーラーでの下取りで対応します。

逆に5万円以上買取り価格に差があるなら、中古車買取り業者にお願いした方がお得と考えます。特に値段がつかないと言われる、走行距離10万キロ超えのクルマで査定額に差が出たら迷うまでもないですね。

ちなみに自動車は1年で平均1万キロ走行すると言われますので、11年前である2005年式トヨタのプリウスを、トヨタ自動車のディーラーで下取りした時の参考価格、中古車買取り業者の売却額で比較しました(この記事は2016年7月29日に書いてます)

店名 走行距離 買取価格
ディーラー下取り  ―――― 10万円
カーチス 10~11万キロ 35万円
ビッグモーター 11~12万キロ 48万1000円
カーアップ 12~13万キロ 18万円

ちなみにトヨタ自動車でのディーラー参考価格は公式サイトの下取りシュミレーションより引用、中古車査定業者の買取り価格は楽天オートより引用しました。

トヨタディーラーの下取りは参考価格なので、具体的な走行距離については書かれていませんでした。ただ11年前の2005年式のクルマなら、1年間に1万キロ走れば走行距離が11万キロになるので、おおよその比較にはなると思います。

管理人の総評

個人的な感想としては思った以上に高値だと感じました。よく10万キロを超えたら二束三文どころか、0円という話も聞きますが、ディーラーの下取りでも10万円の参考価格となっています。

ただあくまでも参考価格なので走行距離、ボディーの傷や凹み、事故歴、カラー、地域などによってバラツキはあります。実際にトヨタ販売店で下取りをお願いしたら、1円にもならない可能性もありますのでご了承ください。

ちなみに中古車買取り店のほうは、査定額ではなく実際の売却価格なので、ディーラーの下取り価格よりは信頼性が高いと思います。

それにしても中古車買取り店とディーラー下取りの差も予想以上に大きいですね。ディーラーの下取り価格よりも、38万円以上高く買い取ってくれるお店があるとは…プリウス自体が人気車種というのもありますが、10万キロ超の中古車とは思えないほど高値ですね~

下取りは競合させることができない

figure_goal_race
ディーラーが下取り価格を決定するとき重視するのは走行距離と年式なので、走行距離が10万キロを超えてる自動車は不利になるケースがあります。

しかし中古車買取り専門店は市場動向もみて買取り価格を決めますので、走行距離が10万キロを超えてるクルマでもチャンスがあります。

また下取りの場合は競合させることにより、査定額を上げるのが難しいのもネックです。車を買う時点では「トヨタのヴィッツ、ホンダのフィットのどちらを買うか迷ってる」と言い、競合させて値引きをしてもらうテクニックが有効ですよね?

しかし仮にトヨタのヴィッツを購入することが決まると、下取りはトヨタのディーラーにお願いするしか選択肢がないので、競合させて買い取り価格を釣り上げることができません。

これが中古車買取り業者になると多くのお店があるので、競合させて買い取り価格を釣り上げていくことができます。

複数の中古車買取り業者に見積もりをお願いするとなると手間がかかりそうですよね? しかし一度の登録で複数の買取り専門店とアポイントメントを取れる、中古車査定一括サイトと言うのがありますので、それを利用することで時間も手間も省くことが出来ます。

study_check1.ネットから中古車一括査定サイトにお申し込みをする
2.すぐに愛車の査定価格の相場が表示される
3.買取り専門店より連絡があるので日程・時間帯を連絡
4.自宅まで無料出張査定に来てもらえる
5.納得いく価格なら売却、ダメなら断って帰ってもらう

まとめ

それではココまでの内容を再度まとめてみます。

ポイント
  • 走行距離10万キロ超の車は不人気なので買取価格が安い
  • 下取りより買取り専門店の方が高価買取してくれる
  • 10万キロ超の車でも買取り専門店ならチャンスがある
  • 複数の買取り業者で競わせることで査定額をアップできる
  • 一括査定サイトなら一度の登録で複数の業者に見積もりをしてもらえる

走行距離が10万キロを超えてると買取り価格が安くなり、「0円なので廃車にしましょう」と言われるケースもあります。しかし買取り専門店ならディーラーでの下取りよりも高価買取してくれる可能性があるのでチャンスがあります。

「10万キロ超えてるし安くても仕方ない」とあきらめがちで、ディーラーの下取りで3万円でも値がついたら、喜んでハンコを押しそうになりますが、ちょっと待ってください!

中高年一括査定サイトで複数の買取り専門店に見積もりを出してもらうだけならタダです。あきらめて手放す前にもうひとがんばりしてみましょう!

★おすすめの一括査定★
  • 利用者累計280万人突破!
  • たった45秒の簡単一括査定!
  • 最大10社に一括見積可能なので楽!
  • 相場を知れるのでより高く売りやすくなる
  • 最大65万円も得をした実績あり

★一括査定はこちら⇒ かんたん車査定ガイド公式ページへ