jiko_car_kosyou

「走行距離が10万キロ超えてるんだけど買取り価格っていくら?」

中古車査定をするときポイントになるのは年式と走行距離で、年式が新しいほど、走った距離が少ないほど高価買取してもらえます。例えばコンパクトカーで人気のホンダのフィットなら、走行距離が10万キロで買取り価格が5万円前後が相場となっています。

自動車は1年で1万キロ走るのが標準と言われており、10年間かけて10万キロ走るのが普通になります。ただ自宅から会社までの距離が遠かったり、休日に出かけることが多い人は5年で10万キロ走ることもあります。

この場合は同じホンダのフィットでグレードも一緒、なおかつ走行距離が10万キロで同じだったとしても、10年間かけて10万キロ走った車より、5年で10万キロ走った車の方が年式が新しいので買取価格が高くなります。

自動車の買い替えるタイミングは?

car_character1_sportscar

先ほども書きましたが一般的に1年で1万キロ走るのが標準と言われます。なので新車を購入して5年間で5万キロ走るのが平均と言うことになります。

自動車は走行距離5万キロで交換する部品が多いので車検代が高くつきます。通常の車検代+ブレーキフルド、ATF、ブレーキパッド、バッテリー交換料金も必要になるので、目玉が飛び出るような金額になることもザラです。

なので新車を購入してから最初の車検である3年目に買取をしてもらい、3年毎に新しい自動車に乗ると言う人もいますし、遅くとも走行距離が5万キロを超える2回目の車検までには中古車査定業者に買取してもらうと言う人もいます。

走行距離が10万キロ超えると買取り価格が下がる

ただそうは言っても新車を買い替えると言うのは金銭的に難しいんですよね…いくら中古車査定業者で高価買取してもらったとしても、ポンポン新車を買うというのは難しいです。

「お金がないから今回は車検を通そう」と言ってるうちに5年、7年…と経過、当然ですが年式が古くなればなるほど走行距離も増えてきますよね?

中古車査定だと走行距離が10万キロを超えると買取価格がガクッと下がるケースが多いです。なぜならエンジンベルト、タイミングベルト、ドライブシャフトなどの部品は10万キロで交換するようメーカーが言ってるので、そのぶんパーツ代や工賃がかかり車検代が高くなるからです。

また年式も古くなり、走行距離が増えたら故障が増えてくるので、いくら価格が安くても走行距離10万キロ以上の自動車は避ける人が多いんですよね。

実際、私もそうですが、いくら安くても走行距離が10万キロを超えてるクルマに乗りたいとは思わないですからね。購入してしばらくしたら故障して、逆に修理費用が高くつきそうですし。

つまり走行距離が10万キロを超えたクルマは中古車査定業者としても売れにくいから、高い値段で買取をするのは難しいと言うことになります。

10万キロを超えたら廃車にするべき?

car_syaken_seibi

走行距離が10万キロを超えた自動車は、中古車査定の買い取り価格がガタッと下がってしまうので、買い取り価格がつかないと言うこともあります。

「お客様…言いにくいのですが走行距離が多すぎるので1円にもなりませんね、ただこのまま廃車にすると費用がかかるので、無料でも引き取りに出した方がお得ですよ」とディーラーで言われるがままにタダで引き取りに出す人もいます。

廃車費用もかかるし、自分で手続きをするとなると面倒くさいから、買取価格がタダでも手間を考えたらお願いした方が良さそうだな…という風になりがちです。

中には無料で引き取りに出すくらいなら故障するまで乗りつぶすと言う人もいますが、いざ走行中に故障してしまうと命の危険もあるので、乗りつぶすと一口にいってもその限界の見極めが我々のような素人には難しいんですよね。

study_point
実は走行距離が10万キロを超えたからと言って、買い取り価格が0円になると言うわけではありません。複数の買い取り業者で見積もりを出すことで、鉄くずだと思ってた愛車を高価買取してくれるケースもありますのであきらめずに査定を出してみましょう。

「10万キロ超えてるからどうせ値段はつかないだろうな…」と思ってたら、意外な金額を提示してもらっておこづかいGET! ということもありますので。

まとめ

ここまでの話をカンタンにまとめますね!

年式が新しく、走行距離が少ないほど買取価格が上がる
走行距離が10万キロ超えると買取価格がガクッと下がる
10万キロを超えた自動車は買取価格が0円と言うこともある
複数の業者に見積もりを出すことで値段がつくケースもある

走行距離が10万キロを超えた自動車は買取価格が一気に下がるどころか、下手すると一文にすらならないこともあります。

しかしそこで諦めてディーラーに廃車手続きをしてもらうのではなく、複数の中古車買取業者に見積もりを出すことで、値段がつくことがあるので、ダメもとで見積もりをしてもらいましょう!