jiko_car_kosyou

「ディーラーで下取りを出したら査定額が0円だった」という悲しい経験はありませんか?

年式が新しかったり、走行距離が少なければ高額買取りしてもらえますが、古くなればなるほど安くなりますし、不人気車だとなおさら査定額は安くなります。

ディーラーからすると仮に買取っても、売れないようなクルマにお金を出すわけにもいかないので、買取価格が0円になったり、廃車をすすめられることもあります。

そうは言っても、我々としては1円でも高く買取って欲しいですよね? そこで今回は少しでも査定額を上げるための方法について解説します。

買い叩かれる可能性が高い車

まずは査定をお願いしたときに「う~ん、これだと値段がつかないですね…廃車にした方が良いですよ」と言われる可能性が高いクルマについて解説します。

ポイント
  • 年式が古い
  • 走行距離が多い
  • 人気のない車種
  • 動かない車

新車登録から10年以上経過していたり、走行距離が10万キロを超えると買い手がつかないので、査定額が0円になる可能性が高くなります。

なぜなら年式が古かったり、走行距離が多いクルマはどうしても不具合が増えてきますし、車検費用も高くなるので中古車市場で売れにくくなるからです。

また購入する側の立場になれば分かりますが、不人気車も買い手がつきずらいので、買取価格が下がる傾向があります。

走行距離が10万キロを超えた愛車を高く売りたい方はこちらの記事も読んでください。

事故・故障・水没などで動かなくなったクルマのことを不動車と言いますが、こちらは年式が古い、走行距離が多い以前に、走行すること自体ができない車なので査定額が0円になる可能性が高いです。

買取価格0円の車をお金にする手段

ココまでの話を聞くと「査定額が0円なのも仕方ないか…」とあきらめそうになりますが、ちょっと待ってください! 買取価格が0円の車でもお金にする手段があるので紹介します。

ポイント
  • 下取り時に値引き交渉の材料にする
  • 自分でパーツを取り外しネットで売る
  • 専門業者に持ち込む

ディーラーで下取りをしてもらった時に、「査定がつけれないので本当は廃車なんですが、これ以上値引きができないので代わりに買取価格に3万円つけときます、本当は0円なんですけど」みたいな感じで言われることがあります。

もともと廃車にするつもりだっただけに「3万円!? マジか!」と言う感じでテンションが上がって、そのままハンコを押してしまいそうになりますが、実際は得をしてないことがあります。

なぜなら仮に買取り額をプラス3万円したぶん値引き額を抑えることで、トータルではディーラーが損しないように調整されてる可能性があるからです。

自分でパーツを取り外して売る

整備に関する知識・経験が豊富なら自分でパーツを取り外して、ネットオークションで販売をすることもできます。

ただ注意して欲しいのですがカーナビ、オーディオなどの付属品は自分で取り外してもOKです。しかしそれ以外のパーツを取外すのは「解体」とみなされるので法律違反になります。

オプションパーツのような付属品ならまだしも、それ以外のパーツを勝手に外すのは、自動車リサイクル法で解体を許された業者以外はやってはいけないことになっています。

解体業の許可なく廃車にした車からパーツを取外すのは無許可営業になるので、我々のような素人がネットオークションで転売できるのは付属品のみとなります。

たしかにディーラー下取りで0円で手放すくらいなら、自分で付属品を取外してネットオークションで売った方が得ですが、解体業者みたいに骨のずいまで売り尽すことはできないわけです。

またパーツの取り外し、ネットオークションでの出品、郵送作業なども考えると手間もかかるので、お金にはなりますがデメリットも大きいように思います。

専門業者なら動かないクルマでもお金になる

0017

日本では乗れないような事故車、動かなくなった不動車でも整備をすれば、海外では問題なく乗れるので買取りをしてくれる専門業者があります。

日本製のクルマは丈夫で長持ちするというブランドイメージがあるので、外国では人気があるんですよね。

また海外に転売するにしてもボロボロすぎて整備費用のほうが高くつくようなケースは、パーツを取り外して1つ1つ売ることで利益をあげる業者もあります。

それに解体業者ならボディーのような鉄くずもスクラップとして売れるので、走れないようなクルマにお金を出してでも買取るメリットがあるわけです。

なので我々の感覚としては事故車、不動車は走れないから廃車以外には選択肢がないように感じますが、中古車買取り業者としては宝の山なので、ディーラーで0円と査定された車でも値がつくことがあります。

実際にいくらで買い取ってもらえるの?

family_syunyu

先ほど書いた通り事故車・不動車のような動かないクルマはもちろん、走行距離が10万キロを超えたような車でも値がつく可能性があります。

ディーラー下取りでは無料で引き取ると言われた愛車が、中古車買取り業者に依頼すると数万円になったというケースもありますので。

そこで実際にどのくらいの金額で買取りをされているのか調べてみました。引用元は楽天オートです。

買取店 車種 年式 走行距離 買取価格
買取のブルズ トヨタ イプサム 1998年式 12~13万キロ 3万7000円
 輸出屋 Do NRTS  ホンダ ビート 1990年式 13~14万キロ 15万円
 ガリバー  スズキ アルトラパン 2005年式 10~11万キロ 5万2000円
 カーセブン ホンダ ステップワゴン 2007年式 12~13万キロ 18万円
ビッグモーター トヨタ エスティマ 2006年式 14万キロ~ 25万円

※2016年8月23日に作成しました

実際に調べてみると走行距離が10万キロ以上、10年以上経った低年式車でも高価買取をしてもらってることが分かります。

有名な中古車買取り業者であるガリバーが買取価格が高いと思いきや、お店によってバラツキが大きいようにも感じました。

これだけ長年乗ってたらボディーの傷、凹みなどもあるでしょうし、不具合の一つや二つあるでしょうから、カンペキな比較はできませんが、中古車買取り業者によって買取価格に差がある可能性が高いですね。

なので一店舗だけに見積もりを依頼するのではなく、複数社に査定をお願いして一番高い値段をつけてくれた業者で売却をすることをおススメします。

まとめ

それでは中古車査定をしたら買取価格が0円だったとき、なんとかしてお金にする手段を解説したので、おさらいがてらまとめてみます。

ポイント
  • 年式が古い、走行距離が多いと買取価格が0円になる
  • ディーラー下取りに出すと損をする
  • パーツを取り外して売るのにも限界がある
  • 専門業者だと事故車・不動車でも値がつくことがある
  • 店によってバラツキがあるので複数社で見積もりをとる

新車登録から10年以上経ってる低年式車、走行距離が10万キロを超えてるクルマは、買取価格が0円と言われるか、廃車をすすめられる可能性が高くなります。

ディーラー下取りだと値がつかないか、廃車をすすめられるケースが多いですが、値引きができない代わりに下取り額をアップしてもらえることもあります。ただ値がついても数万円程度なのであまり期待しない方が良いです。

もしあなたが整備のスキルがあるならパーツを取り外して、ネットオークションで売りさばくこともできますが、法律の関係で外してよい部品が限られてるので限界があります。

結論としては中古車買取り業者に買取りをしてもらうのがベストです。

中古車一括査定サイトを使おう

ただ一店舗だけに査定をしてもらった場合、適正価格なのかどうか分かりませんし、複数社で見積もりを取ることで競争が起こり、売却額を釣り上げることもできるので、最低でも3店舗以上には査定をしてもらうべきです。

ラビット、ガリバーのような大手の中古車買取り業者はCMもやってるので知ってるでしょうが、買取価格が0円になるようなクルマを高額査定をしてくれる店舗がどこかは分からないと思います。

自宅周辺にある専門業者を探すだけでも大変ですし、一店舗ずつアポイントメントを取って、査定をしてもらうとなると時間も労力もかかります。

中古車一括査定サイトなら入力もカンタンですし、自宅周辺にある買取り業者がパッと分かります。また愛車の買取価格の相場も分かるのもウレシイですね。

今回紹介した情報を知ってれば、買取価格が0円だったとしてもあきらめずに行動することができます。ディーラー下取りで値がつかなくってもあきらめずに、高価買取してくれるお店を粘り強く探しましょう。