car_sedan

「自動車を売るタイミングによって買取り価格って変わるのかな?」

ズバリお答えしましょう! 同じ自動車でも売る時期によって買取価格は変わります。

クルマと言うのは年間通して売れますが、イチバン売れる時期は3月になります。なぜなら4月から新社会人になる若者が入社する前に購入したり、一人暮らし、転勤などで引っ越しする前、いわゆる新生活が始まる前に買い替えるからです。

中古車販売業者は今までの経験から3月に自動車が売れることが分かっているので、多めに在庫を確保したい、つまり買取価格を高くしてでも車を確保したいわけです。

3月に買取りをお願いしてるようでは遅い!

じゃあ素直に3月に買取りをお願いしたら良いのでしょうか?

実は3月に中古車査定をお願いしてるようでは遅いんですよ…なぜなら自動車を買取したあとに整備して、洗車して店頭に並ぶまでにタイムラグがあるからです。

なので自動車が一番売れやすい時期である3月の1ヶ月前、つまり2月に売るのが買取価格を高くできるタイミングとなります。

同じ車種でも時期によって買取価格は変動しますので、余裕をもって1月くらいから準備した方が良いですね。2月に売ろうと思って、2月から買取り業者を探してたらバタバタしますので。

study_point

  • 売るタイミングによって買取価格は変動します。
  • 自動車が一番売れる3月の1ヶ月前、つまり2月に売ると買取価格がアップ
  • 余裕をもって準備しないとバタバタする

車種によって時期が変動することも

ただ先ほど解説した法則が100%正しいかと言うとそうではありません。例えばオープンカーは夏に乗りたいと言う人が多いので、夏の前である春頃に売った方が買取価格が高くなります。

逆に四駆(SUV車)は冬にスノーボード、スキーなどで雪山に行く人が欲しがるので、寒くなって雪が降る前、つまり秋頃に中古車査定をお願いすると買取価格がアップします。

ようするに自分が乗っている車種を欲しい人が多くなる時期の1~2ヶ月前が、愛車をもっとも高く買い取ってもらえるタイミングになります。

いったん立ち止まって「自分の愛車を欲しがる人って何月頃に欲しがるだろうか?」と5分間考えるだけで、売るべきタイミングがなんとなくイメージ出来るものです。

フルモデルチェンジ前に売るべし

car_coupe

自動車に限らずスマホ、カメラ、パソコンなどの家電もそうですがニューモデルが出ると、いままで使ってたモデルは型落ちになってしまいます。

自動車は大きな買い物になるのでポンポン買い替える人はいません。しかしフルモデルチェンジするタイミングと言うのは新型車に乗り換えようという人が一気に増えます。

つまりフルモデルチェンジの前に売らないと買取価格が下がってしまうと言うことになります。

一番マズイのは先ほど解説した自動車の買取価格が高くなるタイミングが来るのを待っている間に、自動車のフルモデルチェンジをされることです。

例えば新型プリウスが発売された時は爆発的に売れました、そりゃあもう生産が追い付かないくらいに一気に売れました。なので今は旧プリウスの在庫が中古車市場であふれてるでしょう。

そうなると新モデルに乗り換えるために売られた旧モデルが中古車市場にたくさん出回るので在庫が余り、買取価格の相場がガックリ下がります。

自動車のフルモデルチェンジの時期と言うのは事前に分かりますので、もし新モデルが販売されることが決まってるなら、買取価格が高いうちに手放すのか、売らずに乗りつぶすか考えた方が良いです。

まとめ

長くなったのでココまでの話をまとめますね。

  • 中古車は売るタイミングや時期で買取価格が変動する
  • 2月に売ると買取価格が上がりやすい
  • オープンカーは春、SUV車は秋が高価買取の時期になる
  • フルモデルチェンジの前に売らないと価格が下がる
  • 事前に余裕をもって準備しないとバタバタ忙しい

このような感じで愛車を売るタイミングは重要になりますので、余裕をもって準備して少しでも高価買取をしてもらうようにしましょう。

ただ自動車と言うのは年式が経つほど、走行距離が増えるほど買取価格は下がります。なのでタイミングを見計らってるうちに価値が下がると言うことがあります。

いつまでもズルズル先延ばしにするくらいなら、時期を待たず早めに売った方がお得なケースもありますので、悩むくらいなら早めに手放すと言うのもありですよ。