sagishi

「これ以上値引きは出来ないので、下取り額をアップして対応させていただきます」

このような言葉を聞いたことはないでしょうか?

買い替えの時に、現在乗っている車をディーラー下取りに出す人が多いのですが、気をつけないと損をする可能性があります。

どうしてかと言うとディーラーの営業マンは少しでも利益を出すために、値引き額を抑える可能性があるからです。そして下取り額を上げることでお得感を出して、契約にこぎつける巧みな手口を使うんですよ。

このような手口にひっかからないために、今回は新車の値引きと下取り価格のカラクリについて解説させていただきます。

記事は下に続きます。

値引き交渉は当たり前

自動車の買い替えが決まったあと、少しでも安く買うために値引き交渉をするのが基本です。なぜなら食料品、家電、服などと違って、自動車は値切るのが前提となっているので、定価で買う人は少ないからです。

なので新車に買い替えることが決まっても、すぐにお店に行って購入をしてはいけません。

他のメーカーへ行って、同じグレードのライバル車種の見積りをとった後、本命のメーカーへ行き、価格競争させて少しでも値引き額を増やすのが基本です。

ただディーラーとしては値引きをすればするほど利益が減るので、我々のような買い手とのかけひきが始まります。

車の下取り価格のカラクリ

hikaku_ball_man
よくありがちなのが、「値引きはコレが限度額一杯なので、代わりに下取り価格をアップさせます」と言うセールストークです。

不人気車で年式が古く、走行距離が多いほど査定額は下がるので、下取り額をアップしてもらえると嬉しくなり、ついついハンコを押しそうになります。

しかしここで契約をしてしまうと、ディーラーの思うつぼになります。なぜなら営業マンがこれ以上値引きが出来ないと言うとき、実際はまだ限界ではない可能性が高いからです。

我々には値引きの限度額はわかりませんから、営業マンの言うことが真実か演技か分かりません。愛車の査定額の相場を知らないと、下取り価格が適正なのかどうかも分かりませんから。

もしかすると本来は100万円で買取りしてもらえる車なのに、営業マンが最初は査定額を90万円と言って様子をみて、後から「値引きが限界だから、査定額を100万円にします」と言ってるかもしれません。

この場合、買い手からするとかなり得をした気分になりますが、ディーラーからすると値引きを抑えつつ、下取り価格は相場で車を買取りしてるので損になりません。

下取り価格を釣り上げると値引き額が下がる

それでは値引き交渉の前に愛車を査定してもらい、限界まで下取り価格を上げてもらった場合はどうでしょうか?

下取り価格を限界まで上げて、なおかつ値引きも限界までしてしまうと、ディーラーとしては利益がないどころか赤字になる可能性があります。

そうならないためにディーラーは値引き額、下取り価格のトータルで利益を出すように考えて営業トークをしてきます。

つまり下取り価格を高くした場合は値引きを少なくし、逆に値引きを多めにした時は下取り価格を少なくします。

我々が粘り強く交渉をして下取り価格・値引きのどちらか片方を増やした場合、ディーラーはもう片方を減らすことでトータルのバランスを保ち利益を出すわけです。

ポイント
  • 値引きの穴埋めのため下取り価格を下げるられる事がある
  • 下取り価格を上げると逆に値引きを抑えられる
  • 値引き額・下取り価格ともに最大化するのは難しい

例えを出しますと、平均で10万円値引きをしてくれる車種があったとして、それを上手いこと交渉して30万円値引きをしてもらったとします。この場合、ディーラー側は値引きをした20万円分を損することになりますよね?

そこで値引きをした穴埋めをするために、下取り査定を20万円下げることでプラスマイナス0にして、トータルでの利益を出すわけです。

中古車査定というのはだいたいの相場はありますが、クルマによって走行距離・年式が違いますし、オプション品、ボディーカラーも違います。なので下取り価格が適正かどうか我々には分かりません。

またムリに値引きをすると、利益を出すためになんとかして下取り価格を下げる必要があるので、ちょっとした傷、凹みを探したり、「この部分で不具合が見つかった」などと言って、査定額を下げられる可能性があります。

車は複雑なメカなので、あなたが自動車整備士の仕事でもしてない限り、「不具合が見つかったから査定額が下がります」と言われてもなにも反論できませんから。

下取り価格を事前に調べる

愛車の買取価格の相場を知らないと、ディーラーのいう下取り額が適切なのかどうか判断ができません。

そこでディーラー、中古車買い取り専門店でどのくらい買取価格が違うのか調べました。車種はトヨタ自動車のヴィッツ、年式は2010年式でそろえました。ちなみに引用元はトヨタ公式サイト楽天オートです。

買取店 車種 年式 走行距離 買取価格
トヨタディーラー ヴィッツ 2010年式 14万円
ガリバー ヴィッツ 2010年式 3万5000~4万キロ 61万5000円
ガリバー ヴィッツ 2010年式 11万~12万キロ 23万円
ビッグモーター ヴィッツ 2010年式 5万5000~6万キロ 67万円

※2016年9月1日現在の情報になります

同じ車種、年式だったとしても走行距離は違いますし、傷・凹みなどもありますから、厳密な比較にはなりませんが、だいたいの相場は分かると思います。

トヨタホームページの下取り参考価格情報では、走行距離による相場が分からないので何とも言えませんが、自動車は1年で1万キロ乗るのが普通ですから、2010年式なら6万キロ前後になります。

ディーラーは14万円なのに対して、有名な中古車買取り業者であるガリバーなら61万5000円、走行距離が11~12万キロのヴィッツでも23万円で買取りしています。

このことから分かるように、ディーラーは下取り価格をかなり低く設定してることが分かります。

シュミレーション例

先ほど書いた通り、自動車は1年で1万キロ乗るのがふつうなのです。先ほどの表でいうビッグモーターに67万円で買取りをしてもらったケースが、6万キロ前後なので平均的な走行距離と言うことになります。

ディーラーでの下取り参考価格は14万円ですから、差し引きで53万円も中古車買い取り専門業者の方が高いです。仮に次回買い替えるクルマの値引きを30万円してもらったとしても、53万円には到達しませんので損したことになります(つまりディーラーが得したことになる)

値引きを30万円してもらって、下取り価格に23万円上乗せしてもらって、初めて中古車買い取り専門店で売却した場合と並ぶことになります(この場合、ディーラーはプラスマイナス0で損はしてない)

次に購入する車にもよりますが、値引き+下取り価格の上乗せでトータル53万円も提示してもらうのは至難の業ではないでしょうか? 少なくとも私はそこまで値引きをしてもらい、下取り価格を上乗せしてもらったことはないです。

つまり先に中古車買い取り専門店で愛車を査定してもらい、その見積書を持ってディーラーで値引き・下取り価格の交渉をするのがベストと言うことになります。

まとめ

それでは新車の値引き交渉と車下取り価格の関係についての話をまとめさせていただきます。

ポイント
  • 営業マンは値引き・下取り価格の差し引きで考える
  • 値引きを多くすると下取り価格を下げられる
  • 下取り価格を高くすると値引きを抑えられる
  • 買取り価格の適正額を知らないと交渉できない
  • 中古車買い取り専門店で見積りをとってからディーラーへ行くべき
ディーラーは値引き額・下取り価格の差し引きで考えて営業トークをしてきます。

我々としては購入する車を少しでも安くしてもらって、愛車を少しでも高く買取ってもらう方がお得ですが、それをやってしまうとディーラー側の利益が出ません。

なので値引き交渉をがんばると、逆に下取り価格を少なめにされます。逆に下取り額を上げてもらった場合は、ほとんど値引きをしてもらえなくなります。

なので営業マンと交渉するためには、愛車の適正な買取価格を知っておくことが重要です。

事前に中古車買い取り専門店で査定してもらい見積書をもらっておけば、値引き交渉のあとに営業マンが下取り価格を抑えようとした時に、「でも他のお店で査定をしてもらった時はこの金額だった」と言えます。

そうすると値引き額を多くしてもらった後に、ディーラーの営業マンに下取り価格を下げられる心配がなくなるので、トータルで考えるとお得にクルマを買い替えることができるんです。

ちなみに中古車買い取り専門店での査定は、インターネットで登録することで簡単に愛車の相場がわかる、中古車一括査定サイトが便利です。複数の業者の中から自分のクルマを高く買取ってくれるお店が分かりますので。

事前に中古車一括査定サイトで複数社に査定をしてもらっておけば、もしディーラーが提示する下取り価格に納得がいかない場合は、「別のお店で買取りをしてもらいます」と強気に言えますよ。

管理人の体験談

car_keijidousya
ココでひとつ体験談を出します。私は当時、ダイハツの軽自動車ムーヴに乗っていました。そしてスズキのスイフトスポーツに乗り換えました。

当時はスイフトスポーツがフルモデルチェンジをする直前だったので「発売前の予約注文になるから値引きは厳しい」と言われ、最終的に5万円しか値引きをしてもらえませんでした。

「その代わりムーヴの下取り価格を10万円アップさせる」と言われたので、有頂天になり契約のハンコを捺しました。

その時は下取り価格が10万円も上がってラッキーと思ってましたし、めちゃくちゃ得をしたと思っていました。

でもいまの私には分かります、たしかに発売前の予約注文だったので値引きは難しかったのかもしれませんが、下取り価格がたった10万円上乗せされるだけ言うは少なすぎると言うことが。

つまり当時のわたしは知識がなかったので損をしていた。乱暴な言い方をするとディーラーにカモられたと言うことになります。しかしこの記事を読んであなたなら同じミスはしないでしょうから安心ですね。

あなたは昔の私と同じミスをしないためにも、中古車一括査定サイトで複数社に査定をしてもらい愛車の買取価格の最大値を調べておく。その後にディーラーへいって交渉するようにしてくださいね。

それでは今回の記事を参考にして、少しでもお得に新車への乗り換えをしてください、ご武運をお祈りします。