中古車を高く売るのに下取りと買取はどちらがお得か

「なるべく高く車を売りたい!」愛車を手放すときは誰もがこう思いますよね。そして実際に売る先を探し始めたときに、「下取り」「買取」に混乱…という方も多いのではないでしょうか。

  • 下取りと買い取りの違いは?
  • 査定額に違いがあるって聞いたけれど…
  • どちらがお得なのか知りたい
  • 車を売る際の正しい選び方は?

など、このページを見てくださっているということはこのような疑問をお持ちかと思います。車を高く売るためには「下取り」「買取」について正しく知っておくことが大切です。

最初に完結に答えをまとめると…

  • 下取りと買取の違い⇒下取りは車の買い替えが前提。買取はただ車を売るだけ
  • 査定額に違いがある理由⇒「下取り」新車を売るのが目的。「買取」買い取った車を販売するのが目的
  • お得なのは?⇒買取
  • 正しい選び方⇒「一括査定」を利用する

です。

これらについて「もっと詳しく知りたい」という方は、以下の文章を参考にしてみてください。

中古車の「下取り」と「買取」の違い

中古車の下取りと買取の違い

下取りと買い取りの違いを簡単に表にしてみると次のようになります。

下取り 買取
売却の前提 新車購入するのと引き換え 車を買い取ってもらうだけ
主な売却先 ディーラ- 買取店・中古車店
売却費用の行き先 新車購入の一部に当てられる 手元に戻ってくる

つまり、車を売るだけが「買取」、新しい車を購入する際に古い車を引き取ってもらうのが「下取り」です。

買取と下取りは似ているようでいて目的が全く異なります。

  • 買取の目的⇒買い取った車を販売すること
  • 下取りの目的⇒新車を買ってもらうこと

また下取りは、別のディーラーへの乗り換えを防ぐという目的もあるため、売却と新車購入を同じディーラーで行う方が査定額が高くなる場合が多いようです。

下取り相場と買取相場

下取りの相場

中古車の売却は「下取り」と「買取」では査定価格の相場が違います。最初にポイントをまとめておきますね。

study_point

  • 中古車査定額の相場は「買取」のほうが高い
  • 差額が「30万円」を超えることもある
  • 相場を知るには複数から見積もりを取る
  • 中古車を売るならお得なのは断然「買取」

「下取り」「買取」査定額の相場は?

愛車を売却するときは事前に相場がどれくらいか知っておきたいですよね。

中古車を査定するときは主に以下の内容を確認していきます。

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • タイヤ
  • 外装(ボディカラーや傷など)
  • 内装(シート・フロアマットの汚れなど)
  • エンジン周り など。

人気の高い車種は、それだけ需要があるので査定額も高くなります。しかし、新車種の誕生やモデルチェンジなどで人気の車種は変動するため査定額の相場も売るタイミングによって違ってきます。

「せっかく購入するなら新しい方」と誰もが思いますよね。車を購入するときも同じで、モデルチェンジ後は旧式の車は査定額が低くなるのが一般的です。

また、下記の条件によっても査定額は違います。

  • 季節
  • 景気 など

様々な条件によって査定額は異なり、「下取り」「買取」によっても違いが出てきます。一般的に中古車は「買取」のほうが査定額の相場が高いです。

では、自分の車の売却相場を知るにはどうすればいいのか?

その答えは複数の「下取り」「買取」会社から見積もりを取ることです。

インターネットで査定額の相場をいくら一生懸命調べても正確な金額は出てきません。実際に車を査定してみないといくらで買取れるかお店側も分からないからです。

何社か見積もりを貰えば、自分の車が大体いくら位で売れるのか分かります。見積もりを取っても金額に納得できなければ断って問題ありません。まずはいくつか見積もりを取って相場を把握し、その中からスタッフの対応など「信用できそう」というお店で改めて相談して決めるのが安心です。

ただ、相場はあくまでも相場です。

実際に売りに出したら、相場価格よりも高く売れることもありますし、その逆も考えられます。

ポイント
中古車の相場を知るためには見積もりを複数取る

査定額の差額

実際に「下取り」と「買取」で査定額にどれくらいの差額が出るのかというと…

同じ車種でも買取店の方が「20万円以上高く」買い取ってくれることが多いようです。

中には「35万円以上高く売れた」というケースもあります。

お得なのは買取店

車を売るのであれば買取店の方が断然お得です。

新車の購入費用に当てるにしても、ただ売却するだけにしても数十万円の差は大きいですよね。

下取り相場と買取相場が違う理由

「下取り」と「買取」で査定額の相場がここまで違う理由は、そもそも車を買い取る目的が違うことにあります

最初にも説明しましたが、

  • 下取りの目的は「新しく車を売る」ということ
  • 買取の目的は「買い取った車を売る」ということ

ディーラーが中古車を下取りするのは「自分のところから新い車を買ってほしい」というのが一番の目的です。

売却した費用を新車の購入代金に当てるため「安く新車が購入できた」「割引が多かった」と錯覚しがちですが、実は査定額が安かったということもあるようです。

一方、中古車販売店や買取店は「買い取った車を売る」というのが一番の目的です。

中古車を販売することが目的なので中古車の買取には積極的です。また買取業者は、ディーラーにはない独自の売却ルートを持っています。そのため、中古車を高く買い取っても利益が出るので高額で買いることができるのです。

メリット・デメリット

売却だけみると「買取」のほうがお得ですが、「下取り」にもメリットがあります。ここでは「買取」「下取り」それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

study_point

  • 買取価格が安くても手続きを簡単に済ませたい⇒下取り
  • とにかく高く車を売りたい⇒買取

下取りのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 下取りと購入が同じお店なので手続きがスムーズ
  • 新車の納車に合わせて下取りしてくれる
  • 買取額が安い
  • 年式・走行距離によっては値段がつかないこともある

下取りのメリットは、同じお店で購入・売却をするので手続きがスムーズなことです。

車を購入する流れで下取りの手続きも行えるため「新車購入⇒下取り」が手間なくシンプルに行なえます。また、新車の納車するときに下取りするため代車の必要がないこともメリットの一つです。

買取のメリット・デメリット

メリット  デメリット
  • 買取額が高い
  • ディーラーで値段がつかない車も買い取ってくれる
  • 一括査定ができる
  • 手間がかかる

買取のメリットは、なんといっても高値で買い取ってくれることです。

年式が古い、走行距離が多いなどの理由でディーラーでは値段がつかない車も買い取ってくれることがあります。

また中には…

  • 「高く売りたいけど、新車が届くまでに車がないと困る」
  • 「届くまでレンタカーを借りるのもちょっと…」 など

代車の心配をしている方もいますよね。最近は買取専門店でも、納車までの期間代車を出してくれるお店もあります

一つのお店で手続きが完了する下取りに比べると、買取の場合は自分でお店を探す手間はかかりますが、少しでも高く売りたい方は買取がおすすめです。

下取りと買取のメリットや活用方法について「もっと詳しく知りたい」という方はこちらも参考にしてみてください。

車を売る先を正しく選ぶ方法

「買取額が安くても手続きなどが手間だし下取りにする」という方は、新車を購入予定のディーラーで問題ありません。

ですが、「少しでも高く愛車を売りたい」という方は、査定を複数の買取業者に依頼することがポイントです。

study_point

  • 車を売る先を正しく売るには複数の業者に見積を依頼する
  • お店によって買取価格に差がある
  • おすすめの方法は「中古車一括査定サイト」

見積もりを複数のお店に依頼する理由は3つです。

理由1:業者によって買取価格に差があるため

中古車は、大体の相場は決まっていますがそれでも買取価格に差があります

また、複数見積を取り寄せることで愛車の買取相場がだいたいどれくらいのなのか確認する事もできます。

理由2:お店ごとに得意な車種・販売経路が違うため

買取業者の販売経路は

  • 業務用オークションに出品して売りに出す
  • 店頭で売る

など業者によって異なります。

業務用オークションに売りに出すのであれば、オークションの落札価格を参考に見積もりを出しますし、店頭であれば需要のある車の買取を強化します。

例えば…

  • ファミリー層が多いお店⇒ミニバンや軽自動車などファミリー向けの買取を強化
  • 若者や走り屋の多いお店⇒改造車やスポーツカー、若者に人気の車の買取を強化

するというような形です。

お店によって「販売経路」「買取を強化している車種」が違うので査定額にも差が出るため、見積もりを複数確認することで高く買い取ってくれる業者を見つけることができます

理由3:査定額を上げるため

複数見積を取ることで価格競争が起こり査定額を引き上げることができます。また、具体的な金額で価格交渉も行えるため結果的に高く車を売ることができます。

例えば…

査定額が「A社:100万円」「B社:105万円」「C社:110万円」だった場合

A社やB社には「110万円と査定してくれたお店もありますがそれ以上になりませんか?」と交渉すると意外と110万円以上の査定額をつけてくれる場合も多いです。

「複数業者に依頼する理由をもっと詳しく知りたい」「実際にお店によってどれくらい査定額に差が出るのか気になる」という方は下記の記事もチェックしてみてくださいね。

簡単に複数業者に依頼「中古車一括査定」

ただ、複数の買取業者を探すのは大変ですよね。面倒だし、そもそもどこにお店があるの?という感じですよね。

インターネットなどで調べることもきますがかなりの手間が…。

そこでおすすめなのが「中古車一括査定サイト」です。

車式や年式など車の基本的な情報を入力するだけで、最大で10社ほどの査定がまとめて行なえます。1分ほどあれば入力はサクッと終わりますし。自宅周辺にある中古車買い取り業者もわかります。もちろん、気になる業者があればアポイントメントを取ることも可能です。

自分で何件もの買取業者を探して、1社ずつ自分でアポイントメントを取って査定をお願いするのはめちゃくちゃ時間も手間もかかりますよね。途中で「もういいや…」と投げ出したくなります。

大切な愛車だからこそ中古車一括査定サイトを利用して、投げ出すことなく少しでも高く買い取ってくれるお店を探してみてください。

まとめ

最後にここまでの内容を簡単にまとめておきますね。

  • 中古車は買取のほうが高額査定でお得
  • 下取り相場よりも買取相場の方が査定額が高い
  • 下取りは新車を売るのが目的、買取は買い取った車を売るのが目的
  • 査定額が安くても手間を省きたい方は下取り
  • 高く車を売りたい方は買取
  • 下取りと買取の査定額差額は20万円以上
  • 車を売る際は「中古車一括査定」の利用がおすすめ

車を売ろうという方は、「車の買い替え」を合わせて考えているのではないでしょうか。新車の購入に忙しくなかなか売却に時間や手間がかけられないという方もたくさんいるはず。

そんなときはぜひ「中古車査定一括サイト」を活用してみてください

ディーラー下取りに出したほうが楽なのは間違いありませんが、数十万円の差は大きいですよね。高く売れれば新車の購入費用に当てることもできます。

少しでも高く、そして安心して愛車を買い取ってくれるお店を探してみてくださいね。