car_character3_wagon

自動車の個人売買はディーラーでの下取り、ガリバー・ラビットのような中古車買取り店と違って、あいだに業者が入らないので中間マージンを取られることがありません。

なので個人売買で中古車を買う場合は安く買えますし、自分が売る時はふつうよりも高く売ることができます。

コレだけ聞いたらメリットが大きいように感じますが、それではなぜ個人売買をする人が少ないんでしょうか? 良い所ばかりならもっと流行してもよさそうなものですが…

実際、この記事を読んでるあなた自身はモチロンですが、身の回りでも個人売買を利用したことがある人は少ないと思います。なぜならデメリットがあるからです。

メリットばかりなら個人売買をおすすめするのですが、デメリットを知った上で利用するようにしないと、あとから後悔することになります。

個人売買のメリット

それではまずは利用することによるメリットから解説します。

ポイント
  • 下取りに出すより高く売れる
  • 中古車店より安く買える
  • 消費税がかからないのでお得
  • 改造車が高く売れる可能性がある

先ほど書いたとおりネットオークションなどで個人売買をした場合、ディーラー・中古車販売業者があいだに入らないので、中間マージンがかからず愛車の買取価格を最大まで高めることができます。これは売る時に限らず、購入をするときでも同じです。

また業者に買い取ってもらう場合は消費税がかかりますが、個人売買では一切かからないのでお得になります。

この記事を書いてる時点で消費税は8%なので、査定額が100万円だった場合、消費税は8万円になります。また将来的には10%になるわけですから、そう考えるとけっこう大きいですよね?

最後に改造車・ドレスアップ車などは、メーカー純正のクルマと比較すると、圧倒的に欲しがる人が少なく、お店からすると売れにくい不人気車になるため買取価格がガクッと下がります。なのでディーラーで下取りに出すと二束三文になっちゃうんですよね…

しかし個人売買の場合は、カスタム車の価値が分かってる人がお客さんになる可能性があるので、ディーラーで下取りに出すときよりも高価買取をしてもらえるケースがあります。

ただこの点に関しては改造車をメインで取り扱ってる中古車買取り業者があるので、お店選びを間違えなければ高額査定してもらえます。そう考えると個人売買のメリットとは言えないかもしれないですね。

個人売買のデメリット

それでは次にデメリットについて解説します。

ポイント
  • 全て自分でやる必要がある
  • お金・車両の引き渡しでもめる
  • トラブルに巻き込まれることがある
  • 事故車をつかまされることがある

ディーラー、中古車買取り専門業者で売却する時と違って、お店が間に入らないので中間マージンは発生しませんが、そのぶん全てのやり取りを自分でしないとダメです。

相手との商談はモチロン、契約成立後の名義変更の手続き、クルマの輸送・引き渡し、代金の回収などなど全てやる必要があります。

今まではお店の人がやってくれてたことを全部やることになるので、かなりの労力がかかりますし、思ってる以上に時間も取られます。

お金・車両の引き渡しでもめる

kenka_friends

よくあるトラブルとしてお金・車両の引き渡しでもめることがあります。クルマを売却するとき相手を信用して先に引き渡しをすると、待てど暮らせど代金が入金されず、最悪は踏み倒される可能性があります。

そうならないために「先にお金を振込んで欲しい」と言うと、今度は向こうが「お金を払った後、車の引き渡しをしてくれなかったらどうしよう…」となるので、お互いが疑心暗鬼になり話が前に進まないことがあるんですよね。

またお金のやり取りがスムーズに終わったとしても、相手のもとにクルマを届ける必要があるので手間がかかります。

県内に住んでる人なら愛車に乗って行き、引き渡したあとは電車で帰れば良いですが、相手が遠方に住んでる人だと車両の輸送に手間がかかます。

名義変更をしてくれない

document_syorui_fuutou

愛車を個人売買で売却した場合、相手に名義変更をしてもらう必要があります。なぜなら自動車税の請求書はクルマの名義人に届くからです。

逆に買った人からすると、税金を逃れれるチャンスになります。なので名義変更をお願いしても、のらりくらりとかわされて、いつまで経っても手続きをしてもらえないことがあります。

また自分名義のクルマを友達に貸して交通事故を起こされた場合、責任は我が身にふりかかると言う話を聞いたことがあると思います。

もしネットオークションで売ったあと相手が名義変更をしてくれず、事故を起こされた場合はあなたの責任になる可能性があります。

向こうからすると手続きをすること自体がメンドクサイですし、人によってはやり方が分からない。また損をするどころか逆にメリットがあるので、いつまで経っても名義変更をしてくれない。下手すると連絡すら取れなくなることもあります。

なのでトラブル防止のために、相手と一緒に陸運支局にいって名義変更手続きをするか、一時抹消手続きをして自分の名義じゃなくしてから売ることになります。

事故車をつかまされることがある

個人売買を利用して買う場合、事故車なのに修復歴を隠して売られてるモノがあるので注意が必要です。

車を引き渡しされたあとに不具合が発生しても、契約内容によっては泣き寝入りになることがあるので、購入前に丁寧にチェックしないと失敗する可能性があります。

どんなところを点検すれば良いのかは、前に別の記事で書いたのでそちらを見てください。ただ素人目には判断が難しいので、日頃から車いじりをしてたり、整備の知識がある人じゃないと見抜けない可能性があります。

またこちらが車を売却する側の場合、買い手はだまされるんじゃないかと疑心暗鬼になっているので、必要以上にしつこく質問されたり、チェックをされることがあるので注意が必要です。

専門知識が必要になる

ココまで読んでていかがでしたか? 修復歴、車両の輸送、名義変更の手続き、一時抹消手続きなどなど、いくつか専門用語が出てきましたよね?

それを聞いて「初めて聞いた言葉ばかりで意味が分からない」、「どうやって手続きをやるんだろう?」と思った方もいると思います。

先ほど書いたとおり自動車の個人売買は、売り手と書いての間にお店が入らないので、自分自身が店員さんのように全てをやる必要があります。

なので手続き方法を知ってることはモチロン、あとでトラブルにならないように法律の知識も必要になってきます。

それにネットオークションで個人売買される車体価格が適正なのかどうか、相場を知らないと話になりません。

クルマの相場を知らないと売却するときの価格設定で悩むことになりますし、購入するときも安いのかどうか分かりません。

まとめ

知識がないと車の個人売買は難しいし、メリットだけではなく、デメリットもあるという話をしたので、このあたりで一度まとめてみます。

ポイント
  • 中間マージン、消費税がかからないのでお得
  • 相手とのやり取りを全てやる必要がある
  • トラブルに巻き込まれることがある
  • 専門知識がないと個人売買は難しい
  • 愛車の買取価格の相場を知っておく必要がある

個人売買はディーラー、中古車買取り業者が間に入らないので、中間マージンが発生せず高く売ることができます。

しかしその反面、店員さんがするやり取りを、すべて自分でやる必要があるので思ってる以上に手間がかかります。

メンドクサイだけなら良いのですが、トラブルが起きた時の対処も自分でやる必要があり、最悪は裁判ざたになることもあります

愛車を少しでも高く売りたいという気持ちはわかりますが、専門知識がない状態で手をだすと痛い目をみる可能性が高いです。ふだんから車が趣味で詳しい人ならまだしも、そうじゃないなら自動車の個人売買はおススメしません。

その値段で本当に得をするんですか?

car_minivan1

また愛車の適正価格が分かっていない状態だと個人売買で得をするどころか、損をしてしまう可能性があります。

例えばディーラーで90万円と下取りを言われたから、少しでも高く売りたいと思い、個人売買で110万円で売ると損をすることになります。

なぜならディーラーで下取り価格が90万円のクルマが、中古車買取り業者なら130万円以上で売れることもザラだからです。買取価格にどのくらい差が出るのかは別の記事で書いてますので、そちらも参考にしてくださいね。

安心して車を売るなら中古車買取専門店が便利です。一括査定をすることで、ディーラー下取りよりもグッと買取価格が上がるあがることがありますので。

なので自動車の個人売買をする前に、買取り業者で査定をしてもらって愛車の相場を調べつつ、手間ひまがかかる・トラブルの可能性を考えて、どちらで売却するのか判断するようにしてくださいね。